DAINASHI MUSIC MP3FILES
別館ブログ「音楽ミニ評」





制作ソフト「finale」。下記は最新版。




使いこなしには必須


より突っ込んだ使い方はこれ。書名通りまさにバイブル。


モニターとして使用。コストパフォーマンス抜群



入力用のMIDIコントローラ。ミニ鍵盤の37鍵。奥行きサイズが小さく、置き場所に困りません。入力用に絶対便利。弾けなくても、必ず役に立ちます。他社製品では余り見かけなくなった現在、唯一の選択肢かもしれません。






愛用している辞典。手許にあると重宝します




チューナー兼用の電子メトロノーム。テンポの確認に便利





スコアリーディングの基本。DTMをする人も、聴くだけの人も、まずここから。




上記よりも分かりやすく実践的な参考書。なぜか中古のみとなった






移調方法から各楽器の音域まで。finaleではこの知識がなくても入力可能だが、音域など参考となる内容もあるはず。






ありそうでなかった本。本来のイタリア語でなくドイツ語やフランス語でスコアを書いている作曲家の作品に向かうとき、重宝します。意味が想像できなくても、文字ヅラを照合するだけでよい。


題なし 音蔵館 (題名のない音楽館 2号館)



あなたは人めのご来場者です。


DTM (デスクトップ・ミュージック)で作成したmp3音楽ファイルを収蔵しています。
使用したDTMソフトは、finale。2011年版以降最新版まで使い続けています。

音源はすべて、断り書きのないものは、finaleに含まれている「Garritan Personal Orchestra for finale」(以下「GPO」と略記)の音です。 同じく finale に含まれている SmartMuicソフトシンセを併用した例もありますが、別売の音源は、一切使用していません。 従って、finale及びGPOの展示室を兼ねる役割も果たせればと思います。

殆どが、総譜に記載されている通り打ち込んだだけです。テンポに手を入れたり、音量バランスを取るために、同一楽器を増強したり強弱記号を変更した曲もありますが、何れも必要最小限に留めています。
当初は主としてホームページ「題名のない音楽館」及びブログ「音楽ミニ評」の説明用に作成していましたが、記事化予定の有無に拘わらず作成したものも次第に増えてしまいました。
元々説明用という主旨もあり、また作成開始当初のPCのパワーが不足していた関係で、殆どが曲の一部ですが、できるだけ音楽的に意味のある長さで、また魅力が伝わるような切り方とすべく心がけています。

演奏例及び著作権等については、このページの下部に記載しています。

曲の追加に加え、鳴り方の改善、誤りの修正などを随時行いますので、更新歴は逐一記載しませんが、比較的新規の掲載曲または更新曲だけは示しています。
2014年3月25日、「作曲家リスト」を新設しました。
  

関連ページ
本館「題名のない音楽館」 別館ブログ「音楽ミニ評」 「題なし」ホーム(総本館)


幅広いジャンルのスコア(総譜)が入手可能です。
もちろん、CDやDVDも。




内  容

  
作曲家リスト(ABC順)
アルファベット順。付加記号等の関係で、一部正確ではない表記があります。

 Bach  Beethoven  Bizet  Brahms  Bruckner
 Chopin  Debussy  Dvorak  Elger  Faure
 Franck  Gershwin  Holst  Lehar  Mahler
 Mascagni  Massenet Mendelssohn   Mozart   Offenbach
Pachelbel  Ravel  Saint-Saens  Sarasate  Schubert
Smetana  StraussU  Strauss(Josef)  Strauss(Richard ) Tschaikowsky
  Vivaldi  


左から、アルファベット順の作曲家名、(  )内は日本語読み(参考書等や放送では異なる表記で示されているケースもあります)、国籍または地域、生没年。
表の左側が作品名、右側が演奏箇所です。演奏箇所のリンクをクリックするとWindows Media Player 等で演奏が始まります。尚、制作時期等の関係で、多少、音量の大小があります。


  
Bach
 (バッハ) ドイツ 1685年〜1750年
「トッカータとフーガ ニ短調」 BWV.565 から トッカータ部 (30小節 全曲)
フーガ ト短調「小フーガ」 BWV.578 68小節 全曲
管弦楽組曲第3番 第2曲「アリア」 (全曲) (曲注)
(曲注)俗に「G線上のアリア」と呼ぶことが多くなってきているが、バッハの原曲をヴァイオリンのG線だけで弾けるように編曲したものが、本来の「G線上のアリア」。
バッハの原曲とは調性が異なる(原曲を9度下に移調。左掲の辞典参照。ちなみに、8度下であれば調性が同じ)。従って、この原曲まで「G線上のアリア」と呼ぶのは不適切であり、音楽的にも誤り。

作曲家リストに戻る


  
Beethoven
 (ベートーヴェン) 
ドイツ 1770年〜1827年
交響曲第5番 ハ短調  第1楽章 冒頭から21小節 (説明用短縮版)
 第1楽章 提示部 (提示部全て。冒頭から122小節分)
交響曲第6番 ヘ長調 「田園」 第5楽章 冒頭から64小節分
 交響曲第7番 イ長調  第2楽章 第1主題部 (冒頭から102小節分)
交響曲第9番 ニ短調 第1楽章  冒頭から35小節分
第2楽章 第177小節から第297小節。ティンパニが印象的。
第3楽章 冒頭から43小節目まで
第4楽章 第92小節から第203小節まで。主題が提示され、オーケストラだけで盛り上げて行く部分。 
 ロマンス  ヘ長調  全曲 何れも、ヴァイオリン協奏曲の形態による佳品。
 ト長調 全曲
ピアノソナタ第23番 ヘ短調「熱情」   第1楽章 冒頭(第1主題)
第2楽章 冒頭 35小節分(繰り返しあり)
第3楽章 冒頭(第2楽章の終り4小節から)
第3楽章 終結部 (プレストの指定以降、曲の終りまで)
ピアノソナタ第26番 変ホ長調「告別」 第1楽章 序奏 (冒頭から16小節分)
ピアノ曲「トルコ行進曲の主題による6つの変奏曲」 ニ長調 主題(トルコ行進曲)

作曲家リストに戻る



  
Bizet (ビゼー) フランス 1838年〜1875年
交響曲第1番 ハ長調 第1楽章 冒頭から57小節分
第2楽章 冒頭から31小節分
アルルの女 組曲第1番 第4 「カリオン」 第1部(冒頭から60小節分)
組曲第2番 第3 「メヌエット」   (96小節分全曲)

作曲家リストに戻る


  
Brahms (ブラームス) 
ドイツ 1833年〜1897年
交響曲第1番 ハ短調 第1楽章 前奏の9小節分 (説明用短縮版)
第4楽章 序奏の途中27小節目から、第1主題が提示された後、78小節目まで
交響曲第2番 ニ長調 第1楽章 提示部 全186小節(繰り返しあり)
第2楽章 冒頭から44小節分
第3楽章 冒頭から22小節分
第4楽章 冒頭から86小節分
交響曲第3番 ヘ長調 第3楽章 冒頭から53小節分
交響曲第4番 ホ短調 第1楽章 冒頭から19小節分 
第4楽章 冒頭から40小節分(第4変奏まで)
ハイドンの主題による変奏曲(管弦楽版) 主題 (聖アントニーのコラール)
  (繰り返しあり
)

作曲家リストに戻る


   
Bruckner (ブルックナー) 
オーストリア 1824年〜1896年
交響曲第9番 ニ短調 第1楽章 冒頭から75小節分
第3楽章  冒頭から44小節分   (演奏範囲拡大) 

作曲家リストに戻る



  
Chopin 
(ショパン) ポーランド→フランス 1810年〜1849年
24の前奏曲 Op.28         第4番 ホ短調 全曲
第15番 変ニ長調「雨だれ」 全曲

作曲家リストに戻る

  
Debussy
 (ドビュッシー) フランス 1862年〜1918年
牧神の午後への前奏曲   冒頭から20小節分  (説明用短縮版)
 全曲  (110小節)
「小組曲」 「小舟にて」 全曲  (ピアノ連弾版) (曲注)
(曲注)オーケストラのアンコール・ピースとしてよく知られているが、原曲は、このピアノ連弾版。

作曲家リストに戻る

  
Dvorak
 (ドヴォルザーク) チェコ 1841年〜1904年
交響曲第8番 ト長調 第1楽章 開始から38小節分
第3楽章 開始から39小節分
第4楽章 開始から第4変奏まで
交響曲第9番 ホ短調 第1楽章 第2主題から展開部の始めまで (149小節から196小節まで)
第2楽章 開始から46小節分
同上 もしこのメロディーをオーボエでやったら  (説明用短縮版。こんな版は存在しません)
スラヴ舞曲集 第2集から 第2番ホ短調 開始から32小節(繰り返しあり)

作曲家リストに戻る


  
Elgar (エルガー) 
イギリス 1857年〜1934年
 「エニグマ」変奏曲から  第9変奏「ニムロッド」 全曲  (曲注1) 
 行進曲「威風堂々」第1番  中間部   全80小節 (演奏注)
愛の挨拶(あいさつ)  オーケストラ版 全曲 (曲注2 )
(曲注1)変奏曲の中の曲。単独で演奏されることも多くなってきた。
(曲注2)エルガー自身による、ピアノ独奏版、ヴァイオリン独奏版も知られています。
(演奏注)スネアドラムのみSmart Music ソフトシンセ。他はGPO

作曲家リストに戻る


  
Faure (フォーレ)  フランス 1845年〜1924年 
レクイエム Op.48         第3曲 サンクトゥス(聖なるかな)  全曲
第7曲 イン・パラディスム(楽園にて) 全曲 
(演奏注)男声合唱のみSmart Music ソフトシンセ。他はGPO。歌詞は再現していない。

作曲家リストに戻る


    
Franck (フランク)  ベルギー→フランス 1822年〜1890年
交響曲 ニ短調 第1楽章 冒頭 (序奏と第1主題)
第1楽章 125小節〜174小節  第2主題後半の輝かしい箇所。「信仰の主題」と称す人もいる。
第2楽章 冒頭 (48小節目まで)
ヴァイオリンソナタ イ長調 第1楽章冒頭(47小節目まで)
第4楽章冒頭(37小節目まで)

作曲家リストに戻る



   
Gershwin
 (ガーシュウィン) アメリカ 1898年〜1937年
ラプソディ・イン・ブルー 中間部始め(第299小節〜第346小節)

作曲家リストに戻る



   
Holst
 (ホルスト) イギリス 1874年〜1934年 関連記事のページ
組曲「惑星」 火星 冒頭 (42小節分)
木星 開始部 (37小節目まで)
主題A (練習番号3のアタマ12小節分)
主題B(練習番号5 全24小節
中間部(主題C 練習番号8の途中から9まで)
最終部(練習番号16以降 46小節分
海王星
(演奏注)
練習番号5 (女性合唱が入ってくる箇所)
最終部 (女性合唱のみとなり、フェードアウトして聞こえなくなるまで)
(演奏注)「アー」とだけ聞こえるが、元々作曲者によって「アー」と歌うように指示されている。

作曲家リストに戻る


   
Lehar
 (レハール) オーストリア 1870年〜1948年
喜歌劇「メリー・ウィドウ」からワルツ ワルツ開始から終了まで (繰り返しあり)
(演奏注)finaleの「ウィンナ・ワルツ スタイル」による演奏。通常のワルツとは異なる微妙なリズムの「ズレ」が再現されている。
(曲注)最初のゆっくりとした部分は、ヒロインのハンナ(=メリー・ウィドウ)が、元カレが相手にしてくれないことを愚痴っている場面。速いテンポになって、結局は意地を張り合っていた、その元カレと2人で踊る場面。切なくも懐かしい感じが曲を深めていると思う。

作曲家リストに戻る


   
Mahler
  (マーラー) オーストリア 1860年〜1911年 関連記事のページ
交響曲第1番 ニ長調「巨人」
第2楽章 冒頭 開始から23小節目まで
第2楽章 終結部 37小節分
第3楽章 中間部 全30小節分
第4楽章 第2主題 60小節分
交響曲第2番 ハ短調「復活」
第1楽章冒頭 開始から63小節目まで
第5楽章 合唱が始まる部分 40小節分 (演奏注1)
交響曲第3番 ニ短調
第1楽章 冒頭 ホルンの序奏 22小節目まで
第1楽章 牧神(パン)のテーマ 12小節分
第6楽章 第1主題 40小節分
交響曲第4番 ト長調
第1楽章 冒頭 開始から37小節目まで (演奏注2)
第3楽章 終結部近く
第4楽章 冒頭 ソプラノが登場する直前まで
交響曲第5番 嬰ハ短調
 
第1楽章 冒頭 33小節目まで
第4楽章 冒頭 開始から38小節目まで (説明用短縮版)
第4楽章 主題再現部 11小節分 (説明用短縮版)
 第4楽章 全曲  全103小節
交響曲第6番 イ短調「悲劇的」 第1楽章 全楽章に登場する音型とリズム
第1楽章 第2主題 (俗に「アルマの主題」と称される主題。46小節分)
交響曲第7番 ホ短調「夜の歌」 第1楽章 第2主題 主題開始から27小節分
第1楽章 展開部 第2主題による「月光」のエピソード 前後42小節分
第5楽章 冒頭 開始から52小節目まで
交響曲第8番 変ホ長調「一千人の交響曲」 第2部 練習番号106〜108 25小節分
交響曲「大地の歌」 第6楽章 冒頭 開始から18小節目まで
第6楽章 終結部 曲の最後65小節分 (演奏注3)
交響曲第9番 ニ長調 第1楽章 冒頭 開始から54小節目まで
第3楽章 「パンの主題」のパロディー 9小節分
第3楽章 練習番号37から38の途中まで 43小節分
第4楽章 冒頭 開始から40小節目まで
交響曲第10番 冒頭 開始から39小節目まで
(演奏注1) 男声合唱はSmart Music ソフトシンセ。他はGPO。ドイツ語歌詞は再現していない。
(演奏注2) 冒頭の鈴の音はSmart Music ソフトシンセ。他はGPO。
(演奏注3) アルト独唱は合唱で代用。
ドイツ語歌詞は再現していない。

作曲家リストに戻る


    
Mascagni
 (マスカーニ) イタリア 1863年〜1945年
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」から 間奏曲 (48小節 全曲)

作曲家リストに戻る



   
Massenet (マスネ) フランス 1842年〜1912年
歌劇「タイース」から (めい)想曲 (69小節 全曲) いわゆる「タイスの瞑想曲
(演奏注)合唱の入ったオリジナル版。実演でも中々機会がないはず。歌詞は作曲者が指定していない。男声合唱はSmart Music ソフトシンセ。他はGPO

作曲家リストに戻る


   
Mendelssohn (メンデルスゾーン) ドイツ 1809年〜1847年
「夏の夜の夢」から スケルツォ冒頭(28小節目まで)
結婚行進曲 (全曲) (曲注) (演奏注)
(曲注)誰でも知っている曲だが、全曲を聴いた人は意外に少ないのでは? 私は中間部が大好き。何でもないメロディーだが、実に素晴らしい。これがメンデルスゾーンの凄さ。
(演奏注)シンバルはSmart Music ソフトシンセ。他はGPO。

作曲家リストに戻る



   
Mozart (モーツァルト) 
オーストリア 1756年〜1791年
交響曲 第39番 変ホ長調 K.543  第3楽章 全  (演奏注)
交響曲 第40番 ト短調 K.550    第1楽章 提示部 100小節 全て
 第4楽章 提示部 124小節 全て(繰り返しあり)
交響曲 第41番 ハ長調「ジュピター」 K.551 第1楽章 冒頭  第2楽章 冒頭 
 第3楽章 第1部全59小節(繰り返しあり)  
第3楽章 68小節目から87小節目まで
(第4楽章の「ジュピター主題」を暗示する箇所)
第4楽章 冒頭  主題A群の終りまで 
第4楽章 コーダ  360小節目から全曲の終りまで
ピアノソナタ第11番 イ長調 「トルコ行進曲付き」 K.331 第1楽章 (主題と第1変奏)
第2楽章 (主部)  第3楽章 (全)
第3楽章 冒頭 別バージョン(リズム強調型)
きらきら星変奏曲ハ長調 K.265 主題と第1変奏 
(演奏注)ダ・カーポしてFineまでの演奏。繰り返し記号の設定時、finaleでは譜面上に指示を書き込むだけで可能。

作曲家リストに戻る



   
Offenbach
 (オッフェンバック) ドイツ→フランス 1819年〜1880年
喜歌劇「天国と地獄」序曲 ギャロップ部 運動会などでお馴染み。「序曲」としては最終部にあたる。
喜歌劇「ホフマン物語」から 舟歌 (全曲)  いわゆる「ホフマンの舟歌」

作曲家リストに戻る



   
Pachelbel
 (パッヘルベル) ドイツ 1653年〜1706年
「3声のためのカノンとジグ ニ長調」から カノン (全曲)  いわゆる「パッヘルベルのカノン」
(演奏注)この曲をいち早く日本に紹介したパイヤールの例にならって、弦のピチカートで彩りを添えてみました。作曲者が指定している和音に基づいていますので、誤りではないでしょう。

作曲家リストに戻る


   
Ravel (ラヴェル) フランス 1875年〜1937年
ボレロ <NEW> 全曲   (340小節) (演奏注)
 亡き王女のためのパヴァーヌ  オーケストラ版 冒頭  (説明用短縮版)
 ピアノ版 冒頭   (説明用短縮版)
(演奏注)スネアドラムのみSmart Music ソフトシンセ。他はGPO。
テナー・サックスは、指定されている音色が適切でないので、バス・クラリネットで代用。
速度はラヴェルが最終的に決定した「四分音符=72」で全曲通している。


作曲家リストに戻る


   
Saint-Saens
  (サン・サーンス) フランス 1835年〜1921年 
交響曲第3番 ハ短調「オルガン付き」
関連記事のページ
第1楽章 前半 (開始から54小節目まで)
第1楽章 後半 (開始から52小節目まで)
第2楽章 前半 (開始から34小節目まで)
第2楽章  (前半の終りから後半の41小節目まで)
動物の謝肉祭  (何れも全曲) カメ  
ピアニスト(人間)  (演奏注)
化石
白鳥
(演奏注)作曲者により、「極力下手に弾くように」との指示が総譜に記されています。機械では却って難しいが、ちょっとトライしてみました。

作曲家リストに戻る


   
Sarasate
 (サラサーテ) スペイン 1844年〜1908年
ツィゴイネルワイゼン  中間部

作曲家リストに戻る


   
Schubert
 (シューベルト) オーストリア 1797年〜1828年
交響曲第8(7)番 ロ短調「未完成」 第1楽章 提示部110小節分(繰り返しあり)
第2楽章 冒頭から56小節目まで
交響曲第9(8)番 ハ長調「ザ・グレイト」 第3楽章 トリオ  トリオ部全
即興曲 Op.90 (D.899)
(何れも全曲)
 第1番 ハ短調
第2番 変ホ長調 
第4番 変イ長調
ピアノ五重奏曲「ます」 第4楽章 主題と第1変奏

作曲家リストに戻る


   
Smetana
 (スメタナ) チェコ 1824年〜1884年
交響詩「モルダウ」 冒頭(80小節目まで) (演奏注)
(演奏注)一部、繰り返しを含む。)トライアングルのみSmart Music ソフトシンセ。他はGPO

作曲家リストに戻る


   
Strauss U
(Johann) (ヨハン・シュトラウス2世) オーストリア 1825年〜1899年
ワルツ「ウィーンの森の物語」 (演奏注) 序奏の後半と第1ワルツ ツィター入りのオリジナル版
第2ワルツ
(演奏注)ワルツ部分は、finaleの「ウィンナ・ワルツ スタイル」による演奏。ウィンナ・ワルツ独特の、微妙なリズムの「ズレ」が再現されている。

作曲家リストに戻る


   
Strauss
(Josef) (ヨーゼフ・シュトラウス) オーストリア 1827年〜1870年
ワルツ「天体の音楽」(演奏注) 序奏と第1ワルツ
(演奏注)ワルツ部分は、finaleの「ウィンナ・ワルツ スタイル」による演奏。微妙なリズムの「ズレ」が再現されている。

作曲家リストに戻る


   
Strauss(Richard) (リヒァルト・シュトラウス) ドイツ 1864年〜1949年
ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら 冒頭45小節分

作曲家リストに戻る


  
Tschaikowsky
 (チャイコフスキー) ロシア 1840年〜1893年
交響曲第1番 ト短調「冬の日の幻想」 関連記事のページ 第2楽章 冒頭から63小節目まで
交響曲第5番 ホ短調 第1楽章 第3主題   小節番号170から226 (演奏注)
第2楽章 冒頭から61小節目まで
交響曲第6番 ロ短調「悲愴」 第1楽章 第2主題 主題の始まりから41小節分
ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 第1楽章 序奏部  全107小節
第2楽章 冒頭(20小節目まで)
同上 旧バージョン 昔はこう()っていました。フルートの1音だけ違います。
バレエ音楽 「白鳥の湖」組曲 から  第2幕 情景 (全曲)超有名。何と美しく、切ない!
バレエ音楽 「眠れる森の美女」組曲 (何れも全曲) 序奏 リラの精 組曲用に、バレエの序奏と、リラの精のテーマを接続した曲
アダージオ パ・ダクション バラの精のテーマ
長靴をはいた猫と白い猫  ペローの童話の仲間。オーロラ姫と王子の、結婚式のお祝いに来ました。
パノラマ
  リラの精が、王子を眠りの森に案内するシーン
ワルツ
 この曲で最も有名
バレエ音楽 「くるみ割り人形」組曲 
(何れも全曲)  
 小さな序曲
 特徴のある舞曲 a)行進曲  b)金平糖の精の踊り  c)ロシアの踊り(トレパーク)  d)アラビアの踊り  e)中国の踊り   f)葦笛(あしぶえ)の踊り
 花のワルツ
弦楽四重奏曲第1番 ニ長調 第2楽章 「アンダンテ・カンタービレ」 (全曲)
ピアノ曲集「四季」 第11曲「トロイカ」 (全曲)
(演奏注) ティンパニのみSmart Music ソフトシンセ。他はGPO。

作曲家リストに戻る


    
Vivaldi (ヴィヴァルディ) 
イタリア 1678年〜1741年
ヴァイオリン協奏奏曲集「四季」

(何れも全曲)
 (演奏注)
 第1楽章 冒頭 (説明用短縮版)
 第1楽章   第2楽章   第3楽章 
 夏   第1楽章   第2楽章   第3楽章  
 第1楽章   第2楽章  第3楽章  
 第1楽章  第2楽章   第3楽章 
(演奏注)通奏低音としてのハープシコードは、和音なしで演奏。雰囲気は何とか保てるようです。

作曲家リストに戻る




   
演奏例及び著作権等について


演奏できないケースについて
データ量とパソコンの性能との関係で、演奏が始まるまでに時間のかかる場合があります。詳しくは演奏できないケースについてをご覧ください。
演奏例に関する補足
全て、 finaleでwavデータを作成し、それをmp3に高音質で圧縮(9分の1)しました。
詳しくは別ページの演奏例に関する補足をご覧ください。

全ての音源として使用している「Garritan Personal Ohchestra For Finale」(GPO)は、finaleにバンドルされている、サンプリング技術による音源。
例えばピアノはスタインウェイの音源だと称していますが、さらに特筆すべきは、弦楽器の音です。悪い意味での「DTMらしさ」がありません。私が以前DTMをやっていて、ある時嫌気が差して止めてしまった大きな原因の一つはそれだったので、GPOの弦楽器の音には感心させられるばかりです。上に挙げた演奏例の中でも弦(とくにヴァイオリン)が活躍する曲が何曲かありますのでお楽しみ頂けると嬉しいです。
尚、全曲にわたり、ホルンを中心とした移調楽器の訂正を行い、併せて音量、楽器のバランス、テンポなどを見直して修正し、細部の訂正も行いました。(2013年11月8日集中して作業開始、2014年3月16日完了)

楽器バランスとテンポについて参考とした演奏家は次の通り(順不同)。
カラヤン、ベーム、ハイフェッツ、クナッパーツブッシュ、ライナー、モントゥー、ケルテス、バーンスタイン、マリナー、プレヴィン、パーヴォ・ヤルヴィ、デュトア、ハーフォード(オルガン)、宮沢明子、小山実稚恵、小林愛実

曲の著作権と周辺の権利に関する見解
原則として、著作権の切れた作曲家の作品だけを掲載していますが、演奏(データ)に関する権利は当ページの管理者(制作者)に属します。無断でデータをコピーしたり、PCに取り込んだりしないでください。詳しくは曲の著作権と周辺の権利に関する見解をご覧ください。
尚、使用を希望される方を排除するものではありませんので、こ゜希望の方は下記のメールリンクからご連絡ください。

作曲家リストに戻る



ご意見・ご感想等はこちら